深夜バスに乗るために|深夜バスで節約旅行をしましょう。深夜バスの魅力と乗り方

新宿から県外へ。疲れない深夜バスの乗り方

深夜バスの注意点

深夜バスは安価な分、移動に時間がかかり、その間満員だった場合非常に窮屈な思いをしてしまいます。そんな場合疲労が蓄積した状態で旅行を楽しむことになってしまいます。そうならないように、疲れない乗り方を学びましょう。

深夜バスに乗るために

乗客

基本的に移動時間は半日ほどかかる

深夜バスは、その名の通り深夜に出発し、早朝にたどり着きます。その間の移動時間はおよそ半日です。なお、大阪から新宿までの所要時間は8時間ほどであり、交通渋滞に捕まるとさらに移動時間が長引いてしまいます。

事前準備が大事

長時間窮屈な思いをすると、人の疲労は計り知れないものになります。そのため、深夜バスも状態によっては非常に疲れます。しかし、実はこれは工夫をすれば回避が可能であり、ほんの少し準備するだけで、疲労度は全く違います。

席選びが大事

準備ですが、まず、席を選ぶ時は必ず通路側にしましょう。チケット予約時に通路側を選んでおけば大丈夫です。なぜなら、窓際だと足を伸ばすスペースが無いのに対し、通路側だと通路に足を伸ばせるのです。これだけでも随分快適性は変わってきます。

替えのシャツを準備する。

人は寝る時にコップ一杯分の汗をかきます。バスに乗っているとさらに汗をかきやすくなり、降りた時には汗をかいている場合があるのです。よって、替えのシャツを一枚余分に用意し、降りた時に着替えましょう。この時、漫画喫茶などでシャワーを浴びてから着替えるとなお気分のリフレッシュができます。

格安よりも快適性の重視を

窮屈な思いをする深夜バスは、大抵4列シートです。4列シートは格安な分快適性に乏しいのが特徴です。よって、快適性を重視するのであれば三列シートの深夜バスに乗りましょう。こちらはそれぞれが独立している座席なので快適性が明らかに違います。

節約旅行を楽しむために、深夜バスの知識特集

乗客

深夜バスに乗るために

深夜バスはたしかに便利ですが、注意点が多く、場合によっては疲れた状態で旅行をすることになってしまいます。ここではそんな快適に乗るための方法を紹介しています。

READ MORE
バス

高級な深夜バスに乗りましょう

深夜バス=安いというのはもはや広まっていますが、中には高級な深夜バスも存在するということはご存知でしょうか。ここでは、そんな高級深夜バスについて紹介しています。一度乗るともう普通のバスには乗れなくなるかもしれません。

READ MORE
広告募集中